おまとめローン

MENU

【おすすめのおまとめローン】返済額を減らして完済を目指そう!

おまとめローンを利用して返済しやすく!

気がついたら借金がたくさんあった!このような状況にはできるだけ陥りたくないものですが、感覚がマヒしてしまうことは誰にでもあります。ちょっとのつもりが少しずつ増えていき、足りないからと他社からも借入れてしまっていたということは案外簡単に起こってしまうものです。借金が増えるに伴い、負担が大きく増すのが返済です。支払わなければならない金額や返済日がバラバラなので、精神的にもストレスがたまります。

 

おまとめローンで借金を一つにまとめられれば、それらの問題は解消されます。一つにまとめることで複雑だった返済が管理しやすくなり、また返済金額の減少にもつながるので、経済的な負担も減らすことが可能になります。それぞれで違う返済金額、上乗せされる利息、バラバラで管理しづらい返済日などに頭を悩ませるのは今日限り!スマートに完済を目指しましょう!

 

おまとめローンの金利を比較することでより具体的にイメージできるかと思います。
参考サイト:おまとめローンの金利比較【金利の安い7社比較】

 

おまとめローンを利用するとどういうメリットがあるの?

おまとめローンを利用することで、さまざまな面でバラバラだった借金を一つにまとめることが可能になります。別々の金融会社で申込んでいると金利や返済額や選択できる返済日に違いがあり、それが返済を困難にしている大きな原因となります。おまとめローンに切り替えるとそれがよりシンプルになり、返済しやすくなります。具体的にみていきましょう。

 

返済額の軽減

おまとめローンのポイントは、今よりも低金利な金融会社を選ぶため、利息を少なくすることができることです。それに加えて複数ある小額の借入が一つにまとめられて大きな金額になります。そのため適応される金利が小さくなる可能性が上がり、利息の軽減つまり月々の返済金額の軽減へとつながります。

 

毎月の返済回数の減少

バラバラに設定されていた返済日も、1社だけの取引で返済が1回だけで済むため、管理が簡単になります。今までのように月に何度も返済手続きを行う必要がなく、それぞれの会社に支払う日や金額を間違えるなどのミスがなくなります。またATMの利用手数料などが発生していた場合はその負担も軽くなります。

 

返済プランがシンプルに

借入れを行うときに最も重要になる返済プランを見直す良い機会になると同時に、一つのプランだけで済むようになります。そのためシンプルかつ完済までの見通しが明確なプランを作成することができ、「どれもこれもまだこんなに残っている・・・」とプレッシャーに思うことも少なくなるでしょう。

 

個人情報に傷がつかない。しかし・・・

大きなポイントとしておまとめローンは債務整理とは違うので、個人信用情報機関にブラック情報として記録されることはありません。ただし、今まで利用していた金融会社独自の情報には記録されるので、再度そこを利用するとなると審査が厳しくなるようです。

 

おまとめローンを利用することで経済的な負担の軽減や、返済に伴う手間やストレスが緩和ができます。また軽くなった負担をそのまま返済に回せば、完済までの時間をより短縮することができます。以前利用していた金融会社での評価は厳しくなってしまいますが、個人信用情報機関のように全金融機関に影響することはありません。

 

おまとめローンを利用できる条件は?

複数の借入をまとめると、必然的に金額は大きくなります。そのため利用するための厳しい条件があるのではないかと心配する方もおられるかもしれません。おまとめローンを利用するための条件は、金融会社によって違いがあります。通常のカードローンを申込むときとほとんど変わらないところもあれば、それなりの条件を必要とするところもあります。

 

基本的な条件

比較的申し込みやすい条件は、「満20歳以上で安定した年収がある方」となっているところ、つまり通常のカードローンと条件が変わらないところです。主にプロミスやアコムといった消費者金融や、通常のカードローンをおまとめや借り換えに使えるとしている一部の銀行カードローンでこの条件が多く見られます。少し厳しくなると、年収の下限に条件が付きます。最低でも200万円は必要になるでしょう。銀行で提供されるおまとめローンやフリーローンなどは、この条件を提示しているところが多いようです。
そのため満20歳以上で年収200万円以上の年収があれば、大抵の金融機関で申込みが可能といえます。

 

ブラック情報はすべてを水の泡に

上記にあるような基本的な条件がそろっていても、返済の延滞を何度も繰返している方は注意が必要です。うまく管理ができていないとミスが多くなるため、きちんと返済できていなかったり、返済したつもりでもできていなかったりするといったことが起こります。何度もこのようなことが起こると信用情報にブラック情報として記録されてしまうので、おまとめができないという事態に陥ることも珍しくありません。

 

必要な条件を満たし、なおかつブラック状態になっていないなどの問題がなく、返済能力がきちんとある方なら審査に落とされる可能性が低くなり、問題なく利用することができるでしょう。

 

クレジットカードもまとめられる?

クレジットカードはローン商品ではありませんが、購入した商品の代金をクレジット会社が代わりに支払い、その代金を利息付きで返済していくという仕組みになっています。つまり直接ではないものの、お金を借りている状態にあるのです。クレジットカードでの購入はお金の流れが見えにくいため、ついつい大きな金額を使ってしまいがちです。そうしたお金でもおまとめローンで一本化することは可能なのでしょうか?

 

もちろんクレジットカードの一本化も可能です。その際持っているクレジットカードは通常時と同じく利用することができます。しかし返済が終わっていない状態で利用すると、返済状況がおまとめ前より悪化することになるので、できれば返済し終わってから利用したほうが安全です。クレジットカードが利用できなくなったら、その理由は返済の延滞によるものです。忘れずに支払いを行いましょう。

 

気を付けなければならないのが、クレジットカードの一本化に対応しているのは銀行だけであるという点です。おまとめローンを提供している各消費者金融の公式ホームページにも「銀行およびクレジットカードのおまとめは行っていない」という注意書きがあります。加えてクレジットカードの金利は消費者金融よりも若干低く設定されている場合が多いので、消費者金融でまとめるメリットは薄いといえます。

 

まとめられても油断しないこと

一本化できたことで、気持ちが軽くなり借金から開放された気になるかもしれません。しかし、実際には何も終わっていないどころか、これからが本番になります。そのためにはスムーズな返済ができるようにさまざまな準備が必要になります。特に重要となるのが返済プランです。おまとめローンは返済していくこくが一番の目的になります。申込む前に家計の見直しや返済シミュレーションなどを駆使してプランをきちんと立ててある程度の見通しを立てておく必要があります。

 

準備をしておかないなら、一本化したところで負担が減るどころか逆に増えてしまいます。何より返済する意思と返済能力がない状態で申し込んでも、おまとめローンを効果的に利用することはできません。おまとめローンはあくまで返済能力がまだ十分残っている方の完済を助けるためのローンなのです。