錠剤タイプと塗るタイプのラミシール

ラミシールは通販で購入も出来ます

水虫やたむしで悩まれている方に向けて高い効果があると注目されているのが、ノバルティスファーマから販売されている抗真菌薬「ラミシールクリーム」の利用です。
ラミシールクリームは白癬菌などの真菌に対して効果的な有効成分が配合されており、主に水虫やたむしなどの治療に使われているポピュラーな治療薬として、皮膚科でも保険適用として処方されることが多いです。

一般的に医療機関で処方される薬は処方箋が無いと購入することが出来ないのですが、ラミシールクリームは第二類医薬品と薬の分類がされるので、通販サイトやドラッグストアでも購入することが可能です。
通販で購入ラミシールクリームが日本内で取り扱いがされるようになってからは、個人輸入による偽物を購入してしまうリスクがグッとへり、本物の正規品を代理購入している通販サイトを利用すればまとめ買いを行いたい方にも送料を減らすことが出来るのでお得に手に入れることが可能です。

ただ水虫やたむしなどの症状が出ている場合、素人判断でいきなり通販サイトで薬を購入するよりもまずは皮膚科などの医療機関で診察を受けて、正しい症状や治療方法の説明を受けてから適切な治療薬の処方箋を書いてもらうことが完治への一番の近道となりますので、自分で症状の判断が出来ないという場合は間違った薬を購入するリスクを減らすためにも、まずは医師に相談をすることが重要です。

その際に医師からラミシールクリームを処方された場合は、次回から皮膚科クリニックにわざわざ行かなくても通販サイトで薬をまとめ買いすることで医療機関に行く手間を省いて、インターネットで好きな時間に注文を行うことが出来るので忙しい方でも購入しやすくなるメリットが得られます。

ただ通販サイトによっては通常価格よりも高額であったり、本物を装って偽物を送りつける個人輸入サイトもあるため、体に直接使用する薬だからこそ購入サイトの情報は事前にしっかり調べることが重要になります。

何故医薬品は処方箋の無い通販で買うことが出来る?

ラミシールクリームなど皮膚科でも治療薬で処方される薬が、処方箋なしで通販サイトで購入することが出来るかというと、通常海外の医薬品を個人輸入サイトを通じて購入する場合は、日本の薬事法では自己責任として処方箋の提出が必要ないとみなされているため、誰でも通販サイトを通じて購入することが出来ます。

これが個人でお店を構えて海外の医薬品を販売するとなると、薬事法に従う厚生労働省の許可がないと運営を行うことは不可能ですが、個人輸入を行う業者のもとでなら処方箋を提出する義務がないので問題なく利用するとが可能になります。

元々ラミシールクリームは第二類医薬品として分類されていますので、ドラッグストアでも取り扱いが出来るなど処方箋が必要ない薬となっていますが、医療機関で処方してもらう場合は保険適用を受けることが出来ますので、初めて利用する方などは診察と合わせて保険割引を受けた価格で購入することが大切になります。

しかし定期的に皮膚科に薬を貰いに行くのは時間がなくて難しいと感じる方や、出来るだけまとめ買いをしておきたいという場合には、ラミシールクリームの個人輸入を行っている業者の通販サイトを利用することで欲しい分だけ注文を行うことが出来ます。

ラミシールクリームは1つ10グラムの医薬品なので、まとめて購入する場合メール便で注文をすることが出来る通販サイトも多く、直接お店に買いに行く面倒もなく皮膚科での診察料や処方せん料を抑えてお得に購入することが可能なのも、通販サイトを利用して医薬品を購入する方が増えてきている理由の1つとなっています。

ただ医師の診察などを受けていない場合は、医薬品の説明をきちんと読んで正しく利用することが大切です。