錠剤タイプと塗るタイプのラミシール

水虫による臭いの原因とは?

一日が終わって帰宅して靴下を脱いだら、むせるような悪臭に思わず「水虫が原因ではないか」と思ってしまう方も少なくないかもしれません。
身体の臭いの中でも特に脇の下と同じくらい気になるとされているのが、足の臭いと言われています。
足の臭いと水虫の臭いの関係を詳しくみて行きましょう。

まず結論から言えば、足の臭いの原因と水虫の因果関係はありません。
確かに、水虫が発症する状況も、足の臭いが発生する状況も、両方とも「足の皮膚に生息する常在菌の存在」と「足の皮膚が高温多湿な環境にあること」のふたつの条件が重なることで初めて起こる症状・現象ではあります。
しかし、水虫だから悪臭が発生するということはありません。
靴や靴下・ストッキングの着用などによって足の皮膚表面が高温多湿な状態に陥り、水虫が発生しやすい条件・足の悪臭が発生しやすい条件を作り出してしまっただけです。

ここで、水虫を発症するメカニズムもおさらいしておきましょう。
水虫は原因の細菌である白癬菌(はくせんきん)に感染し、菌が皮膚の角質層であるケラチンを食べることによってかゆみや皮膚のはがれを引き起こすのが主な症状の仕組みです。
白癬菌は銭湯やプール、足ふきマット・玄関といった不特定多数が利用する共用部に潜伏しており、素肌で触れることにより感染します(これをキャッチボール感染と呼びます)。

一方、足の臭いに代表される体臭は、人間の皮膚に常に存在している細菌・常在菌が活性化することによって発生します。
多くの細菌にとって快適な高温多湿の状況になると、常在菌は活発に活動をはじめます。
皮膚の角質層を食べて排泄物を出すのですが、その排泄物こそが悪臭の一番の要因となっています。
足から悪臭がするのは、水虫が原因ではなくあらゆる細菌が活発に活動しやすい環境を自ら作り上げていることにあります。
そのため、水虫を完治させることと足の悪臭を断つことは全く別のこととなります。

水虫による臭いを緩和する方法について

それでは、足の臭い・体臭を緩和する対処法を見ていきましょう。
体臭が発生する原因は、高温多湿な環境によって常在菌が活発化し、皮膚の角質層を食べて生じた排泄物が悪臭を放っていることにあると先程解説しました。
その臭いを放つ媒介的な役割を果たすのが「汗」です。
排泄物は何も皮膚から直接放たれているわけではなく、汗腺を通った汗からその臭いが放たれて私たちが「悪臭」と感じます。

すなわち悪臭を防ぐ直接的な対処法は、汗をかいたら除菌シートで拭き取るという方法が最適です。
汗腺から分泌された汗を拭き取るだけでなく、除菌シートによる作用でこれ以上菌が増殖しないように抑制させる効果があります。

靴は、汗が蒸れて菌が増殖しないように中敷きを使用します。
この時の中敷きは吸湿性のあるもの、抗菌作用があるものを選ぶとより良いでしょう。
毎日同じ靴を履き続けるのではなく、何足かをローテーションで回すようにして、頻繁に同じ靴を履かないようにしてください。
帰宅後は、アルコールが入っているシートで中敷きを丁寧に拭いて滅菌し、最低でも2~3日は放置して乾燥させるようにしましょう。

靴下選びも重要です。
なるべく、指同士・皮膚同士が分離しやすい5本指のものを選びましょう。
普通の形状のものよりも換気に優れています。
靴下の素材は、麻や絹・綿など吸湿性・吸汗性の高い素材が使用されたものを選びましょう。
帰宅したら、必ず足を洗って清潔に保つように心がけてください。

また、直接的に関与しないものの、食生活や生活習慣も体臭の度合いに影響します。
不規則な生活や暴飲暴食に心当たりのある方はこの機会に改善しましょう。
もちろん、水虫が臭いの原因ではないにせよ放置するのはよくありません。
専門の医師に診察してもらい、適切な処置と薬の処方を受けましょう。