錠剤タイプと塗るタイプのラミシール

水虫の予防は自宅でも行える

水虫は、白癬菌というカビの一種が原因となる病気です。
中年男性がなる病気と思っているかもしれませんが、白癬菌が好むのは湿気があり温かいという環境。
たとえばブーツの中・ストッキングにパンプスを履いた中、高温多湿の環境は作られていませんか。
意外と若い女性でも隠れ水虫の方は多いのです。

けれども仕事をする女性が増えた中、ストッキングにパンプスは当たり前。
そんな中でも、両親が水虫で自宅に菌があったとしても、予防を頑張れば感染することなくきれいな足を保つことは可能です。

水虫の原因、白癬菌の好む湿度を少しでも減らすためにも、通気性をよくし、足を乾燥させてください。
人と会うときはしょうがないとしてもデスクで仕事をするときは通気性の良い靴に履き替えるだけでも違います。
足拭きマットも水気を含んだまま放置していると湿度とともにカビも残ったまま。
こまめに洗っては乾燥させ、清潔に保ちましょう。

マットだけでなく床にだって菌は落ちています。
お掃除して家全体を清潔に保つことも必要です。
自宅以外にも病院やスポーツジム・サウナ・温泉など水気のあるところに白癬菌はいます。
とはいえ、健康的な免疫を持っていれば、たとえ皮膚に付着しても24時間以内に洗い流せば感染しないと言われています。
足を石鹸などで丁寧に洗う習慣をつけておくことが必要です。

すでに感染している方、家族に同じ苦しみを味合わせないためにも日頃の行動が大切です。
感染している部位は擦らないようにしてください。
皮膚が剥がれ落ちやすくなっていますが、その剥がれ落ちたものの中には菌がいっぱいです。

擦らない・足拭きマットは自分専用のものを用意するなど、配慮が必要です。
洗濯の水で流されるので、一緒に衣類を洗濯するのは特に問題ありません。
とはいえ、どうしても心配なら衣類乾燥機を使用し、高温で白癬菌を完全に死滅させてやってください。

たとえ家族が水虫でも、お互いに気をつければかかることはないのです。

水虫の症状が発症したらすぐに病院へ行きましょう

とはいえ、忙しくて予防がおろそかになったり体力が低下しているときなどもあるでしょうから、決して発症しないとは限りません。
かゆみなどの自覚症状が出てくるのは白癬菌がついてかなり症状が進行してから。
発症に気がついたらすぐに病院にいきましょう。
恥ずかしいからと放っておいても自然治癒することはなく悪化するばかりです。

市販薬もさまざまありますが、まずは病院というのがおすすめです。
なぜなら、接触性皮膚炎や皮膚カンジダ症・糖尿病やその他の細菌感染など、水虫と間違えやすい皮膚の病気というのは多数あるからです。
専門医であっても顕微鏡で見るなど検査をしないと確定診断することはできません。
水虫ではないのに水虫の市販薬を使用していても症状が改善しないばかりか、本来の皮膚病が悪化したり症状が進行していくばかり。
まずは皮膚科を受診し、原因を明らかにすることで早期治療を行えば行うほど治癒までの速度も早いのです。

症状によって適した薬の成分というのもわかります。
それ以前に水虫と診断されており、その症状が再び起こっているのであれば、同じ成分が配合された市販薬を購入して使用することは可能です。

足の表面はきれいになっていても、菌はまだ皮膚の中に残っています。
医師から許されるまでは薬を塗り続けてください。
そうでないと再び症状に悩まされることになります。

それに、完治した後はまた通気性を良くする・清潔に保つなど、予防に努めてください。
次はまた違った菌に感染する危険性があります。
あなたが原因で家族にうつしたものを、またもらってしまう可能性だってあります。
高温多湿の水虫の菌が喜ぶような環境は作り出さないよう気をつけてください。