錠剤タイプと塗るタイプのラミシール

水虫予防に行なうことや靴やブーツの手入れ方法

水虫は元来、年配の男性の病気だと思われていましたが、昨今、女性でも水虫に悩む人が急増しているといわれています。
そもそも水虫とは、カビの一種の白癬菌が皮膚の角質層に寄生してしまう皮膚の病気のことです。
水虫になると、足のかゆみ、腫れ、赤み、激しい痛みでスムーズに歩けなくなるケースもあります。

水虫にかかるそもそもの要因は、水虫になっている人から感染することが多いです。
例えば、プールや温泉などで不特定多数の人が使うスリッパやサンダル、床などを介して感染します。
特に最近人気を集めている岩盤浴は、高温多湿で不特定多数の人が利用しているので、スリッパを共有するとほぼ100%の確率で白癬菌が付着しています。
さらに、飲食店でも座布団、床から感染するケースが多いです。
それと、自宅でもリビングのカーペット、フローリング、タオル、スリッパなどが感染の原因となります。

確実に予防する為には、まず温泉等の公共施設に行く場合は、自分専用のスリッパ、タオルなどをあらかじめ用意する事が大事です。
だれが使用したか分からないお店の物を使用すると、水虫にかかる可能性が高くなります。
そして、施設を利用した後は、すぐに除菌ペーパーや濡れたタオルできちんと足を拭いて白癬菌を落とすといいです。

それと、自宅に帰った後は、普段よりも足をしっかりと洗うといいです。
この時、石鹸をきちんと泡立てて、菌が溜まりやすい足の裏と指の間を丁寧に洗う事がポイントになります。
そもそも水虫の原因となる白癬菌は、感染して皮膚に入るまでにおよそ24時間かかると言われています。
なので、プールや岩盤浴に行った後は、必ず自宅で体や足を念入りに洗うことが効果的です。

その他の予防方法は、自宅で使うタオル、スリッパは毎日きちんと取り換える事が非常に重要といえます。
そして、リビング、ダイニングなどの部屋を念入りに掃除をして、白癬菌が繁殖しないような環境を整えることも大切といえます。

靴の中に新聞紙を入れて湿気を取りましょう

水虫を予防するには、毎日、使用する靴やブーツのお手入れが重要となります。
というのも、水虫を引き起こす白癬菌は、高温多湿の場所をとても好んで潜伏する性質があるからです。
特に女性用のブーツは革でできているので通気性が悪く、しかも足の裏、くるぶし、膝、太ももまで覆っています。
なので、汗をブーツ内でかきやすいために高温で湿度も高くなりやすく、まさに白癬菌にとって都合のいい環境といえます。

靴の中の湿度を抑えるためには、靴の中に新聞紙を入れる事が有効です。
新聞紙には優れた吸水性があるので、靴の中に入れておけば水分を吸って、湿気がなくなっていくからです。
それと、ブーツの中に入っている中敷きは汗が多く付着しているので、取り出して洗剤で洗い流すことも大事です。
それで、靴と中敷きをしっかりと乾燥させたら、抗菌スプレーをかけておくと白癬菌の繁殖を抑えられます。
また、天気のいい日には外に出して陰干しをすることで、さらに除菌効果を得られます。

お手入れをする以外にも、水虫を予防する方法があります。
それは、1日8時間以上、2日以上続けて同じ靴を履かないようにすることです。
つまり、通勤用、仕事用、プライベート用などと靴を使い分けるローテーション制を導入することが大切です。
実際に、靴を1日8時間以上履く人は、そうでない人より水虫にかかっている割合が高いというデータがあります。
そして、1日履いた靴は、必ず乾燥や抗菌スプレーなどでお手入れする習慣をつける必要があります。

その他にも、特に梅雨などの湿度が高い時期は、靴下を毎日きちんと取り替えることも大切といえます。
水虫にならない環境を整えることで、確実に予防する事ができます。